小児科の看護師は大変な割に給料は・・・

看護師でも特に子供が好きな方は小児科を目指される方が多いですよね。

近所のクリニックですごく尊敬できる看護師さんがいたとか、
小児科の看護師さんは割と触れる期間が長いので憧れを抱いて、
自分も小児科の看護師になろうと言う方も多いみたいです。

ただ、小児科の看護師って仕事は思った以上に大変みたいです。やはり大人とは違いデリケートな子供が患者さんなので、看護の知識や技術もかなり高いレベルのものが必要とされます。

次に勤務形態ですが、クリニックは他の科と同じように夜勤とかはあまりありませんが、病棟の小児科の場合は夜勤勤務になることもありますし、急患も結構あるみたいです。

子供が病気になって夜に救急で運ばれてくるシーンがドラマとかでありますけど、まさに現実に起こるわけですね。

じゃあ、給料なのですが、どれくらいなのかというと、だいたい月25万前後。ボーナスは1.5ヶ月から4ヶ月とかなり幅があります。当然、病棟のほうが夜勤などがある関係上給料は高いです。

(引用:小児科で働く看護師の仕事や給料、ボーナスの実態

このように小児科の看護師という仕事は単に子供が好きだからという理由だけではなかなか続けるのは大変な仕事といえますね。

本当に子供が好きで、そのケアのために頑張るという方でないと続かないでしょう。