看護教員といっても大学と他では全然違う?

看護師の資格をとった方の中には看護教員という道を目指す人もいます。

ただ、看護教員といっても働き方は様々です。非常勤で働いて、他の時間は看護師としてクリニックや病院で務める方や、看護教員として一本で働く方もいます。

また、看護教員というと、多くは看護学校で務める方が多いです。母校に戻って後輩の指導に当たるわけですね。やはり看護学校は大学の看護学部に比べると数が多いため、求人数も多いです。

ですが、やはり給料や待遇などを考えると、看護学部の看護教員は一枚上だと言わざるをえません。看護学校はどちらかというと、専門学校です。

それに比べて、学部の看護教員は、大学教授と同じものなので、レベルがかなり違います。そのため、看護学校の看護教員は大卒の方も多いですが、看護学部の教授となると大学院卒の方がかなり多くなります。

また、こちらの看護教員募集サイトによると、大学の看護教員については大学院卒以外に臨床経験が5年以上など高い条件を求められることも多いみたいです。